コウモリの生態|住民を困らせる鳩の対策は駆除業者の元で|気になる駆除費用

住民を困らせる鳩の対策は駆除業者の元で|気になる駆除費用

コウモリの生態

悩む女の人

今後春にかけて出没しだすコウモリ

コウモリは、夜行性の動物として知られています。寒い時期には冬眠を行っている状態であり夜になっても見かける事はほとんどありません。しかし、今現在春が訪れる時期になってくと冬眠から目を覚まし、夕方から夜にかけて飛び交う姿が見られるでしょう。今から秋にかけてコウモリ駆除のシーズンが訪れるのです。コウモリの生態で特徴的なのは、住みかと共同性です。住みかでは、雨や風をしのげる暗い所を好みとします。よって、人間が住む建物の天井裏は絶好の場所となり住みかとしてしまいます。共同性では、その住みかに家族で住む習性があります。繁殖後には数多くのコウモリが住み着くことからも、数十匹、数百匹になることも珍しくはありません。よって、コウモリ駆除では、繁殖期である真夏が最も重要なシーズンであり、コウモリ駆除専門業者の利用者も今後多くなる動向が予想されます。

コウモリの危険性は二次的なものが多い

コウモリは、血を吸うというイメージがありますが、実際に動物の血を吸うチスイコウモリが存在します。しかし、そのコウモリはごくわずかな生息であり、国内におけるコウモリのほとんどが果実や虫を主食としています。コウモリが飛んでいるから噛まれるという危険性はごくわずかと言っても良いでしょう。ただし、威嚇したり近づきすぎたりすると危険も増します。コウモリにおける狂犬病の発生報告もあるので十分な注意は必要です。一方、コウモリで最大の危険性と言えば、衛生上の問題となります。先ほど述べたように大量発生するコウモリですが、多ければ多いほど糞の数も増します。日常的に見えない場所で菌や寄生虫の存在は確実と言っても良いでしょう。また、ダニやノミの発生も同様です。天井裏であれば空気中あるいは浸出によって居住空間へ侵入してくる可能性は高いです。二次的な危険性が多いコウモリ被害ですので、なるべく早急なコウモリ駆除が望まれます。